ヒアルロン酸とボトックスの特徴

美容注射

ヒアルロン酸注射は肌にハリを持たせるという特徴があります。ヒアルロン酸は保水力が非常に高いので、失われた肌の潤いを取り戻します。小じわやほうれい線、ゴルゴ線の治療に使われます。元々人体に存在するので、注射してもアレルギーの心配がありません。

ヒアルロン酸注射

体内に入ると少しずつ吸収されるので、効果を持続させたい場合は定期的に注射する必要があります。ボトックスには発達した筋肉を弱める作用があるため、エラの張りを抑える治療に使われます。太ももやふくらはぎも余計な筋肉の発達を防ぐと、脚のラインが綺麗になりスリムアップ効果を得られます。笑いじわは表情筋が発達しすぎたことが原因なので、ボトックス注射が有効です。

さらにボトックスは汗腺の働きを弱めることから、多汗症やわきがの治療に使われることもあります。ボトックスも1年くらいで効果が弱まるので、しわ対策をするならば定期的に注射する必要があります。また脚やせやわきが治療でわきの注射すると、その周辺の筋肉は低下するので注意します。日常生活にはほとんど影響はありませんが、スポーツ選手など筋力を使う人は向いていません。どちらの治療も注射する時の痛みが心配な人はよく冷やしてくれたり麻酔を打ってくれる美容皮膚科に行きます。

顔の悩み

若返りに効果的な美容治療

ボトックス

ヒアルロン酸注入とボトックス注射は、しわをすっきり改善できるので、女性の若返り治療として高く評価されています。加齢からできるほうれい線や口まわりのしわに効果的なのがヒアルロン酸で、しわに注入して盛り上げることで目立たなくさせることができます。

ヒアルロン酸は人体の皮膚や関節、細胞の隙間にある成分なので、アレルギーを起こすリスクが少ないです。また持続期間も約1年前後続くので、ヒアルロン酸の効果期間は比較的長く、特にほうれい線のような目立つしわに対して大きな効果を発揮します。まぶたのたるみにもおすすめで、目の周りのたるみを取ることができるので、若返りを図って若々しい印象にすることができます。

美容

ボトックス注射は、ボツリヌス菌の筋肉や汗腺の働きが弱まる性質を利用して、表情を作った時にできる眉間や目尻、額のしわなどを改善します。筋肉を動かす神経の神経伝達物質を遮断するので、筋肉の過剰な動きを抑えて、気になる表情じわをしっかり改善することが可能です。筋肉の動きを改善することで美しい魅力的な表情がよみがえり、効果は3~6ヶ月くらい持続します。ボトックス注射すると数日でしわがキレイになって、肌にハリが出てくるので、若返り効果は高いです。効いている間はしわができないので、進行を止めるのにも役立ちます。

注射